おはよう。今日は5日目の朝。
昨日バスタオルのまま帰宅したことを
すっかり忘れていたプレイヤー。

(sim世界では昨日だけど現実では1か月も経過してしまったため)

 

朝一のメーターはこんな感じ。
体力はすこし少ないがかなり良い。

 

 

今日はレモンやデイジーが出来てなく
収入源がないので早速スターライト大通りへ。

 

今まで時間が足りず行けなかった
オーキッド・ア・ゴーゴーというラウンジに
行くことにしました!!!

 

 

外観はこんな感じ。
まあ、普通。田舎にあるクラブ感w

 

 

お邪魔しまーーーーーす。

 

お顔が美人なぽっちゃりママが
経営しているらしいが
内装は中々にガラガラだった。

こぺさんは早速自立でお酒を購入。
(金ないのに)

 

そして自分以外客がいない酒場へ
少しの不安を抱えるwwww
巷で噂のぼったくりバーなんじゃ?!
ぼったくられるお金、、、ないけど。

 

 

しばらくするとおばあちゃんが
こぺさんを睨みつけながら入ってきた。

怖い。

あからさまに
『なんやこの小娘』って顔してる。

 

気まずい空気に包まれる中
さらにおじいちゃん登場www

いやこれは完全に田舎のスナック。

入る店、間違えたかな…

 

 

周りを見渡すとギターとマイクを発見。

この場所からスターの道を
駆け上がれ!と言わんばかりの存在感。

 

早速練習させる。

顔と恰好だけはいっちょ前だが
くそド下手 だった。

 

 

だけどこんな下手でもどこからか
やって来たセレブなおばあちゃんが
人生初のチップをくれた!!!

ありがとうセレブなおばあちゃん✨

 

さらにこの時こぺさんは何かを確信する。

『これはみんなの同情さえ買ってしまえば
ベッド代がすぐに貯まるのでは??』

そしてここにさえ来れば
楽器を買う必要はない!!!

 

 

 

セレブへの道しるべが見えた
こぺさんはこの醒めぬテンションを
とりあえずトイレで落ち着かせる。

この安堵したような顔。
プレイヤーも収入源が見つかって
少し安心したよ。

 

 

しばらくすると大好きなディヤたんから

『今スターライト大通りにいるけどこぺ近くにいるなら遊ぼう!』
と連絡が来たので居場所を伝え合流する。

 

外でたわいもない話で盛り上がる中
何故か憧れのソーンベイリーが来た!!!

しかもディヤたんをめちゃめちゃ
見つめている!何故?!?!?

確かにディヤたんは美人だし、
おっ〇いも大きいし、
目で追いたくなる気持ちも分かりますが
あなた美人な奥様いますよね??

なんだか嫌な予感がする。
ディヤ、絶対何かあっちゃ駄目だからね!

 

ただディヤたんと居るときしか見れない
こぺさんのこの笑顔は良い。
本当に好きなんだろうなあ。ディヤの事。

 

 

『実は今日お世話になったこの店に
お忍びで遊びに来たんだ。
これから歌うから君たちも聞くかい?』
とソーンベイリーが言うので中に入った。

 

やっぱりディヤたんの事、、、

狙ってますよね?

セレブがわざわざ一般人にお忍びで
来てることなんて教えないよね!!!!
その辺どうなの!私心配!!!!

 

 

ディヤたんもなんかなんかだよ。
演奏終わると見つめあってた。

辛い私なんか辛い。
何が辛いって親友が不倫の道へ
足を踏み入れそうなのが辛い。

プレイヤーの知り合いでも不倫の道へ
行っちゃう子いたんだけど
不倫ほど周りが止めれば止めるほど
暴走しちゃう気がする。

 

不倫はこぺさんの思い込みかもしれないのに
ふてくされてポテチを食らう。

 

ディヤたんがソーンベイリーの写真を
一生懸命撮ってる傍で。

 

悲しいムードレットまで出た。

 

 

しばらくすると噂を聞きつけて
人が集まって来た。

ここぞとばかりにこぺさんに
歌わせるが誰も見向きはしない。

そこにソーンベイリーがいるから。

みんな夢中でセレブの写真を撮る中
こぺさんはスターになるという
夢のためにひたすら歌う。

 

ところでディヤたんは?というと

『さっきソーンが言ってたんだけど、
こぺが最近ハマってるって言ってた
オクタビアがこれから来るらしいよ。』
(オクタビアはソーンの嫁)

と教えてくれて
ディヤ用事思い出したから帰るね!って。

それってオクタビアが来るから
帰るんですか?そうですよねディヤたん。

心のどこかで信じていたディヤの
不倫が確信に変わった。

 

何とも言えない気持ちの中歌ってると
本当にオクタビアが来た。

 

 

もちろんディヤには幸せであってほしい。
好きな人とくっついてほしい。

でもこの幸せそうな夫婦の家庭を崩すのは
友だちとして応援出来ないよ。

 

 

 

それからオクタビアとソーンは
仲良く二人で帰っていった。

 

こぺは残ったお客さんからチップを
もらうため悲しい気持ちを抑えながら
営業時間ギリギリまで歌うのであった…。

 

 

 

疲れと悲しみで限界のこぺさんは
こんな姿で今日も朝帰り。

 

これからの
ディヤ、ソーン、オクタビアの
三角関係はどうなるのか。

こぺさんは無事スターになれるのか
見守っていただけると嬉しいです!

 

 

残金

236シムオリオン。

残念ながらギリギリ一番安いベッドを
購入することは出来ず5日目が
終わりました。

毎回言ってますが、、、

明日こそベッドを手にれるぞ!!

 

こぺ
こぺ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランキングに参加しているので良かったら

バナーをクリックで応援していただけると嬉しいです♪

 

[temp id=2]

 

 

[temp id=3]

☜前回のお話を読む